これだ!アーティキュレーションを複数の音符へ一度に追加する方法

お元気ですか?

私は今とても元気です。

なぜなら、MuseScoreの便利な使い方をまた一つ覚えたからです。(`・ω・´)シャキーン

 

アクセントやオープンハイハットの記号を複数の音符に追加するとき、パレットからもってくるのは面倒ですよね?

ショートカットキーに登録できればいいんですけど、定義できないし。

そこで、もっと楽に付加する方法がないかテストしたらできました。

 

忘れないうちにまとめておきます。

複数の音符へ装飾を付加する手順

  1. 『Ctrl』キーを押しながら音符をマウスでクリックし、複数の音符を選択
  2. 付加したいアーティキュレーションの記号をダブルクリック

2015y08m24d_233042803あ

 

このようになりました。

アクセント

 

オープン・クローズドハイハット記号にフェルマータ、どの装飾でも使えます。

ただこのままでは、アクセントが五線譜に重なってよろしくないので、音符の上へ反転させます。

『X』キーが大活躍する

MuseScoreではタイや音符の符幹の上下を入れ替えるとき、『X』キーを使います。

実は、装飾記号の上下も入れ替えることができます。

これで五線譜に重なって見難くなっていた点が改善されました。

xキーで装飾も上下反転

まとめ

装飾やアーティキュレーションを複数の音符へ一度に追加する方法をメモしました。

また、『X』キーは音符の符幹とタイだけでなく、装飾の上下反転にも使えることがわかりました。

 

ワードプレスもミューズスコアも、やっぱり使い続けていけば色々見えてきますね。

継続が大事なんだとつくづく思います。

[list num=”20″ cat=”17″]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *