知らないと損します MuseScore2のスクリーンショット機能

「作成した楽譜の一部だけ切り取って保存したい」

と考えたことはありませんか?

 

MuseScore2には独自の画像保存機能、『イメージキャプチャー』があります。

↓下図のように、楽譜の一部を抜き取って保存できる機能です。

 

最近使い始めたのですが非常に便利なやつです。

ブログやサイトの素材として使用したり、プレゼン用の資料にも使えます。

イメージキャプチャーの使い方

  1. ツールバーのカメラアイコンをクリック
  2. 撮影範囲を選択
  3. 名前をつけて保存

あ

 

プリントモードの特徴

印刷したものと同じ状態の楽譜を保存してくれます。

非常に綺麗でファイル容量はかなり少なく済みます。

プリントモード

 

スクリーンショットモードの利点

「譜表の折り返し記号」や「タイトルの枠」など、画面にそのまま表示されている絵を保存できます。

説明画像を作るときなどに便利ですよね。

画質もパソコン標準の『prt sc』と比べると遥かに綺麗です。

スクショモード

デメリット

撮影選択できる範囲が楽譜だけです。

パレットやツールバーなどは画像保存できません。

 

まとめ

綺麗に格好良く、必要な部分だけ選べる画像保存機能、『イメージキャプチャー』の使い方をメモしました。

ファイル容量も小さく、手軽に使えて便利です。

これからもどんどん使っていきます。( ・`д・´)b

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*