ドラムの楽譜の読み方

楽譜が読めないあなたに送る!ひたすらドラムの読譜練習をする記事

楽譜が読めるようになる方法は、たった一つです。

楽譜を見て、聴いて、実際に演奏すること。

楽器がないなら、声を出したり、手で太ももを叩いてみるのでも構いません。

とにかく、その過程をバビューンとすっとばして、いきなり読めるようにはなりません。

 

この記事では楽譜と音声をまじえて、ドラム初心者が8ビートを理解するための基礎練習を紹介します。

あなたがドラムの楽譜を読みたい、作りたいと考えているなら、きっと参考になるでしょう。

続きを読む

超簡単に!音符の長さと種類を理解できる3つの基礎練習

ドラムをはじめたい!

…でも楽譜が読めない。

 

もしあなたがそうして音楽に取り組むことを迷っているなら、それは勿体無いことです。

楽譜が読めないなら、読めるようになればいいのです。

 

楽譜を見て、聴いて、実際に演奏してみること。

それを繰り返すことで自然と読めるようになります。

 

この記事では、吹奏楽に入部した頃に覚えた基礎練習の一部をまとめました。

続きを読む

ドラムの楽譜の読み方 基本的な見方を覚えよう

ドラム譜は他の楽器と比べて少し特殊です。

『ヘ音記号』で表記されてるのに音程とは無関係だったり。

私は中学の頃、無理やり『ヘ音記号』の音程にチューニングして失敗したことがあります。

2度とそんな悲しい経験をしないためにも、正しいドラム譜の読み方をまとめます。

 

この記事ではドラムの各楽器の音色、基本的な音符の配置や記譜例を、動画を交えながら解説しています。

続きを読む