MuseScoreでドラムの楽譜を作る

MuseScore2 ドラムロール・タイ・クレッシェンドの記譜

トレモロってご存知ですか?

同じ高さの音を連続して小刻みに鳴らす演奏方法です。

ドラムのトレモロは『ロール』と呼ばれています。

 

とても重要な技法の一つで、吹奏楽やクラシックで演奏する機会が多いです。

ドラムのフィルインやアドリブソロで効果的に使っている人もいます。

この記事ではドラムロールを通し、タイとクレッシェンド、デクレシェンドの入力方法をまとめます。

続きを読む

MuseScore2 シンバルレガートの作成・スイングの設定と再生

前バージョンのミューズスコアでは再生パネルでスウィングの切り替えができました。

しかしMuseScore2になってスウィング関係の記述や再生方法が変わりました。

 

この記事ではシンバルレガートの入力をとおして、スウィングとシャッフルの設定と再生方法などをまとめます。

楽譜冒頭に置く、例のスウィング記号、シャッフル記号の入れ方はこちらの記事をご覧ください。

続きを読む

MuseScore2 装飾音符・連符・アクセントの入力方法

フィルイン、別名おかず。

ドラムやパーカッションは言わばスパイス。

曲全体をビシッと締める役割があります。

そんなドラマー、パーカッショニストの腕の見せ所がフィルインです。

この記事ではフィルインの入力を通し、連符の入力と装飾音符、アーティキュレーションの挿入方法をまとめます。

続きを読む

MuseScore2 オープンハイハットの入力・表記変更

MuseScore2のドラム表記はとても分かりやすいです。

しかし一つだけ許せない点があります。

それはオープンハイハットの表記です。

2015y07m30d_203841159

デフォルトでは図のようなバッテン印のみ。

楽譜にしたとき判別しにくいので不便です。

この記事ではオープンハイハット表記の入れ方と、音符のスタイルを変更する方法についてまとめます。

続きを読む