MuseScoreの使い方

ここではMuseScoreの基本的な使い方、五線譜の準備~音符の入力方法をまとめています。

初期設定やギター譜の作成、その他の使い方は下記ページへどうぞ。

MuseScore2 3連符と2拍3連、他の連符を入力する方法

MuseScoreで音符を入力するにはツールバーにある音価アイコンを選びます。

このツールバーには、全音符から128分音符まで揃っていますが、使用頻度の高い三連符が見当たりません。

 

3連符はどうやって入力するのでしょう。

 

この記事では通常の3連符と2拍3連の入力方法についてまとめます。

続きを読む

MuseScoreの仮想ピアノキーボードで簡単に音符入力する方法

音符の入力は次の2つの方法があることを前回の記事で紹介しました。

  • パソコンのキーボード『CDEFGAB』を使う
  • マウスで五線譜をクリックする

しかしこの方法は非常に面倒です。

MIDIキーボードを使うのが一番てっとり早いのですが、使えない環境の方もいることでしょう。

 

実はMuseScoreには、仮想鍵盤を使って音符を入力する機能があります。

ピアノの鍵盤を見ながら入力できるため、直感的で分かりやすく、スムーズに音符を入力できるようになります。

ここでは、仮想ピアノキーボードを使用した入力方法についてご紹介します。

続きを読む

MuseScore2 基本的な音符を入力する3つの方法

MuseScoreでの音符入力はMIDIキーボードを使うことで効率よく行えます。

しかし、仮にMIDIキーボードが無い場合でも、3つの方法で音符の入力が行えます。

  • パソコンのキーボードで入力する
  • マウスで五線譜をクリックする
  • 仮想ピアノキーボードを使用する

ここでは、パソコンのキーボードとマウスを使って、基本的な音符の入力方法について紹介します。

 

続きを読む