新しいドラム演奏のかたち!フィンガードラムのすすめ

ドラマーにとって、練習場所の確保は悩ましい問題ですよね。

思い切り叩きたいけど、防音室のない家では演奏できませんし。

その点、エレキドラムは騒音の問題を一挙に解決できるのが魅力的です。

と思いきや、振動を抑えることはできないので、アパートでは難しかったりします。

 

それでもなんとか、自宅でドラムを楽しめないだろうか。

そんなあなたに朗報です!

フィンガードラムをご存知ですか?

 

ドラムセットやスティックは必要ありません。

あなたの指とパソコン、MIDIパッドコントローラーがあれば実現できます。

フィンガードラムってなに?

ここ数年のPCとデバイスの進化で世に現れた、新しいドラム演奏の方法です。

「指ドラム」とも呼ばれています。

小さなパッドコントローラーと、ドラム音源をインストールしたPCを使って演奏します。

音源さえ揃えば、どのようなジャンルも自由自在です。

 

日本では月間検索数は少なく、ニッチなジャンルです。

一方、海外では「Finger Drumming」のキーワードで月間20000以上の検索があり、広く認知されています。

フィンガードラムの利点

  • おき場所や演奏場所に融通がきく
  • 騒音や振動になやまされない
  • 多彩な音色
  • 音楽制作にも大活躍

フィンガードラムは場所を選びません。

持ち運びが簡単で、スタジオやライブへの持ち込みもスムーズにできます。

こちらの動画では屋外で演奏してます。

 

バスドラムをキックする必要が無いし、スティックも使わないので、騒音や振動で迷惑がかかることはありません。

 

演奏だけでなく、録音したり、効率よく音符の入力が行えます。

音色も豊富で自由にカスタマイズでき、音楽制作に幅広く活用できるんです。

dawで音色をカスタマイズ

現状の問題点

大きく、2つの問題点があります。

  • ドラムの演奏技術がそのまま通用しない
  • ノウハウや教則本が希少

ドラムの演奏技術がそのままでは使えない

これまでドラムを学んできた人にとっては、少しもどかしく感じるはずです。

下半身が使えない分をどうすればいいのか。考えさせられます。

また、ルーディメンツ技法を使うには工夫が必要です。

ノウハウが希少

歴史が浅く、体系的なノウハウがありません。

 

海外ではXPRESS PADのようなeラーニングがありますが……。

これはビジネスチャンスかもしれません。

必要なもの

  • PC
  • パッドコントローラー
  • オーディオインターフェース
  • スピーカーまたはヘッドホン
  • 音源ソフト

windowsで使う場合、かなりパワーのあるPCじゃないと難しいです。

音とびやレイテンシー、遅延がひどくて演奏どころじゃなくなりますから。

音源やDAWは、オーディオインターフェイスやパッドに付属されるので、別途購入する必要はないでしょう。

まとめ

フィンガードラムの情報は貴重なので、積極的にシェアしたいですね。

私も独学ではありますが、このブログで情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *