ギターの楽譜の読み方:TAB譜と五線譜の見方

ギター譜には2種類の表現方法があります。

  • 多くの楽器で一般的である五線譜を用いた譜面
  • 音符をフレットに置き換えたTAB譜

タブ譜は指板のどこを押さえればいいのか直感的に分かりやすいため、教則本やバンドスコアによく使われます。

一方、五線譜は若干敷居が高いですが、読み方を覚えれば他の楽譜も読めるようになります。

作曲やDTMなど幅広く音楽に取り組もうと考えているなら、TAB譜だけでなく、五線譜も覚えたほうが有利です。

 

この記事ではギターの楽譜の読み方をTAB譜と五線譜の両方を用いて解説します。

ギター譜の見方が分からず困っている方、DTMでギターの打ち込みに挑戦する方の参考になるでしょう。

ギターの各部名称

楽譜の説明を容易にするために、基礎知識としてギター各部の名称を紹介します。

分からないことが出たときに参照してください。

image

 

 

フレットはヘッドからボディー方向へ、順に1フレット、2フレット……と数えます。

弦は細いものから順番に1弦、2弦……と呼びます。

image

 

上の画像はアコースティックなギターですが、エレキギターも基本構造は同じです。

エレキギターはサウンドホールの代わりにピックアップ(弦の振動音を拾うマイク)が取り付けられ、音を増幅・変化させる簡単な電子回路が付属しています。

 

各弦の開放弦

弦を押さえずに弾いた音を『開放弦の音』または単純に『開放弦』と呼びます。

各弦の開放弦は次のような音高になるようにチューニングします。

image

E(6弦)……い

A(5弦)……え

D(4弦)……で

G(3弦)……ギターと

B(2弦)……ベースを

E(1弦)……演奏する

このように語呂合わせで覚えると良いですよ。

 

豆知識……実音は1オクターブ低い

ギターの音域はト音記号で表すのが慣例となっていますが、実音は1オクターブ低いのでDTMや楽譜の打ち込みをする際は注意が必要です。

ピアノのミドルC(中央のド)はギターの3弦3フレットの音に相当します。

また、実音が1オクターブ低いことを表す場合、ト音記号の下に数字の8が記述されます。

ギター譜ではそれが誤解を生むことがあるので気をつけましょう。

image

フレットと音の位置

フレットと音は次の画像のような位置関係になっていて、1フレットずれると半音変化します。

つまり12フレットの音は開放弦のちょうど1オクターブ上の音です。

ああああ

五線譜の読み方・ト音記号の音階

ト音記号の音階はこのようになります。

ヘ音記号に関してはこちらの記事をご覧ください。

image

TAB譜の読み方

ギター専用の楽譜であるタブ譜の見方を紹介します。

この画像の上段は五線譜、下段がタブ譜です。

image

 

6本の線はギターの弦を表していて、線の上の数字は押さえるフレットの位置を示しています。

0の場合は何も押さえずに開放弦を弾きます。

数字が書かれていない弦は音を鳴らしません。

 

つまりこの画像の例では『5弦の3フレット』、『4弦の2フレット』、『3弦の開放弦』、『2弦の1フレット』『1弦の開放弦』を意味します。

 

コード記号、別名コードネームは和音を表す記号です。

画像ではCメジャー、ドミソを含む和音を示しています。

ジャズの楽譜などではコードしか記載されていないものを渡されることがよくあります。

 

ダウンストローク記号は6弦から1弦に向かって弦を弾く方法、アップはその逆の奏法です。

 

フィンガリング・運指記号

親切な楽譜には指の運び方を示す記号が音符の上に記譜されることがあります。

親指……t (or p) (4~6弦を担当)

人差し指……i (3弦を担当)

中指……m (2弦を担当)

薬指……r (1弦を担当)

単に『親』、『薬』と書かれることもあります。

image

様々なギターの演奏記号

最後にいくつかの演奏記号を紹介します。

ハンマリング・プリング・トリル

image

  • H……ハンマリング:弦を叩くように押さえつけて音をだす奏法
  • P……プリング:弦を押さえている指を引っかくように放して音をだす奏法
  • tr……トリル:ハンマリングとプリングを交互に繰り返し、音を上下させる奏法

 

上の楽譜では冒頭のソを弾いた後、ラをハンマリング、続くソの音をプリングで鳴らしてそのままトリルへ以降、となります。

スライド

image

スラーの上にある『S』はスライド記号です。

弦を押さえて弾いた後、そのまま押さえた状態でフレットを移動させ、音を滑らかにつなげる奏法です。

チョーキング

image

フレットを移動する代わりに弦を引っ張って音を高くする奏法です。

C……チョークアップ

D……チョークダウン:引っ張っていた弦を元にもどします。

H.C……半音チョーキング記号:半音だけ変化させる場合はこれを記譜します。

ハーモニクス

image

5, 7, 12フレットで弦に軽く触れ、弦を弾いたと同時に指を離すと倍音成分が混じった心地よい音が鳴ります。

これを利用した奏法をハーモニクスと呼び、楽譜ではひし形の符頭で表します。

 

似たような倍音をだす奏法でピッキング・ハーモニクスというものがあります。

そちらは音符の上に『○』印が付与されます。

ミュート・ブラッシング

image

弦を押さえつけるのではなく、軽く触れた状態で鳴らすと、残響音が短く歯切れの良い音色になります。

楽譜上ではクロス符頭『×』で表記されます。

 

ギターの演奏記号は他にも多くありますが、分からない記号がでたらその都度調べるのがよいでしょう。

まとめ

ギターの楽譜の読み方を紹介しました。

最初は難しく感じたかもしれませんが、意外と簡単に読めるようになったのではないでしょうか。

私が最初にギターの楽譜をDAWに打ち込もうとしたとき、TAB譜の読み方が分からず非常に苦労しました。

DAWでギターの音色を再現するには、また別の知識が必要になってきますが、その入り口として、この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *