ピアノの楽譜の読み方

あなたは今、ピアノをはじめてみたものの、楽譜の読み方がさっぱり分からず苦労していませんか?

または、DTMの打ち込み練習にバンドスコアを用意したけれど、音符が読めないために作業が進まない状態かもしれません。

 

ピアノは低音から高音まで広範囲の音を鳴らすことができ、加えて音楽の3要素といわれるメロディとハーモニーからリズムまで、幅広い役割を担う楽器です。

そのような位置づけから、ピアノ譜は他楽器の楽譜とも多くの共通点があります。

ピアノ譜の読み方をマスターすれば豊富な楽譜をすんなり読めるようになるでしょう。

 

この記事ではピアノ譜の基本的な読み方を、画像と音声を交えて分かりやすく解説します。

鍵盤と音の位置、ト音記号とヘ音記号

鍵盤と音の配置はこうなっています。

image

楽譜は2段構成になっていて、ト音記号の楽譜(上段)を右手で弾き、ヘ音記号の楽譜(下段)を左手で弾くのが基本です。

指番号・運指

教則本などには音符の上に数字が書かれているものがあります。

これは指番号と言い、どの指で音を鳴らすのかを示す数字です。

指番号によって、指の動かし方が分からない初心者の方でもスムーズに演奏できるようになります。

image

 

和音

音符が縦に複数並んでいる音符を和音と呼び、同時に鳴らします。

これは『Fメジャーセブンス』という和音です。

image

 

シャープとフラット、ナチュラル記号

rinji2シャープ……半音上げる

rinji1フラット……半音下げる

rinji3ナチュラル……♯や♭の機能を解除する

これらの記号を変化記号といいます。

臨時記号

変化記号が音符の横に一時的に添えられる場合は『臨時記号』と呼びます。

image

 

臨時記号は1小節のあいだ有効で、小節を超えるとリセットされます。

image

調号

ト音記号やヘ音記号の横に変化記号がある場合、曲を通してその音を半音上げ(下げ)て演奏します。

下の画像は左がニ長調、右が変ロ長調です。

image

調号についてはあまり深く考えず、最初は「おまじない」という程度の認識でいいと思います。

ミとシのシャープ、ファとドのフラットはどれ?

ミ♯はファ、シ♯はドの音です。

ファ♭はミ、ド♭はシの音を鳴らします。

 

「これって変化記号を使う必要があるの?」と思うかもしれませんが、音楽理論上、必然性があるらしいです。

私も現在調査中です。

もしご存知でしたら教えてください!

 

実際のピアノ譜-強弱と装飾記号

ここまでで、ほとんどのピアノ譜はだいたい読めるようになっているはずです。

最後に、代表的な強弱と装飾(アーティキュレーション)記号を紹介します。

バッハのメヌエットを参考に、記譜例を見ていきましょう。

 

こちらはメヌエットの楽譜と音声データです。

一度楽譜を見ながら音声を聞いてください。

Menuett-J.S.Bach_.png

 

楽譜の上段と下段の間に位置している記号が強弱記号。

音符を飾っている記号がアーティキュレーション、装飾記号です。

 

image

 

<よく使われる強弱記号>

ffフォルティッシモ非常に強く
fフォルテ強く
mfメゾフォルテやや強く
mpメゾピアノ少し弱めに
pピアノ優しく
ppピアニッシモとても優しく
<クレッシェンド徐々に強く
>デクレッシェンド徐々に弱く

 

<よく使われる装飾記号>

スラー

slur.png

円弧で繋がった音を滑らかにつなげて弾く。
同じ音が繋がっている場合はタイ。

 

スタッカート

a3646b294e42.png

音を伸ばさず歯切れよく弾く。

 

フェルマータ

95690f49acc3.png

程よく音を伸ばす。

 

アルペジオ

696b2b019b31.png

和音を同時ではなく、下から順にずらして演奏する。

 

強弱記号と装飾記号は他にも多くあります。

一気に覚えるのではなく、楽譜を見て分からない記号がでてきたら、その都度調べるのがよいでしょう。

 

もう一度これらの記号の意味を反芻しながら、先の音声を聞いてみてください。

「ここは音が優しくなってる」

「この部分は音を短く切っている」

という音の機微が分かるかと思います。

まとめ

いかがでしょう。

ここで紹介した読み方をマスターすれば、多くのピアノ譜を読めるようになるはずです。

また、ピアノ譜は他楽器の楽譜とも多くの共通点があるため、ピアノ以外の楽譜を読むときにも役立つでしょう。

音符の種類や調号についてはこちら↓の記事をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *