スヌーピーより、Linus & Lucyのドラムを耳コピしました

スヌーピーをご存知ですか?

アメリカの漫画『Peanuts』(ピーナッツ)に登場する主人公・チャーリー・ブラウンの飼い犬です。

子供の頃スヌーピーのテレビアニメをよく見ていました。

スヌーピーってどんなアニメ?

『Peanuts』を原作とした、温かでユーモアがある、思わず『ふふっ』となるアニメです。

スヌーピーの、犬とは思えない破天荒な振る舞い。

それに巻き込まれるチャーリー・ブラウンと仲間たち。

そんな彼らの日常を描くドタバタコメディです。

 

最近は映画でも話題になっています。

日本では2015年12月に公開ですって。

楽しみです。

 

チャーリー・ブラウンは子供の割りに少し達観したところがあり、哲学的な名言をいくつも残しています。

人生という本には、うしろのほうに答えが書いてあるわけじゃない

 

日本のアングラな掲示板ではこのアスキーアートが有名ですね。

2015y09m17d_215956449

 

スヌーピーはジャズの名曲ぞろい

Peanutsの作者はジャズ愛好家として知られています。

アニメのプログラムを担当したプロデューサーもジャズが好きで、ヴィンス・ガラルディが作曲したジャズナンバーが用いられました。

 

オールスター・アルバム『Happy Anniversary, Charlie Brown!』

チャーリー・ブラウンとスヌーピーが誕生したのが1949年。

その40周年を記念して、GRPレコードと豪華プレイヤーによる楽曲が発表されました。

 

演奏メンバーはGRPレコードから、

チック・コリア

デイヴ・グルーシン

リー・リトナー

デヴィッド・ベノワ

 

GRPアーティストにとどまらず、

ジェリー・マリガン

B.B.キング

ケニー・G

 

スタープレイヤーが収録に参加し、大きな話題を呼びました。

曲はヴィンスが作曲した聴いていて心地よい、楽しい曲が多用されています。

 

このアルバムのピアノソロ、ボーカル、コードを記した楽譜は、日本では3万円を超えるプレミア価格で、入手困難となっています。

この楽譜は米アマゾンなら中古で60ドル、約7000円で入手できます。

それでもかなり高いですが、仮に購入するならこっちでしょうね。

Linus & Lucy

チャーリーの友達ライナスと、その姉ルーシーのテーマ曲です。

ここで紹介したアルバムでは、ベノワによってアレンジされたものが収録されています。

歯切れの良い、ロック調のビートを取り入れた軽快なナンバーです。

Linus & Lucy のリズムパターン

冒頭部、先導するようなドラムのソロから始まります。

linus&lucy0

 

続いてシンコペーションを多用した16ビート。

テンポは速くないのですが、非常に細かいので正確にあわせるのが結構難しいです。

linus&lucy1

 

 

ジャズで共通してるドラム演奏の特長として、ルーディメンツを多様している点が挙げられますが、

この曲でもルーディメンツを用いたフィルインが、要所で光ります。

linus&lucyピアノソロ前

 

 

ピアノのアドリブに入ると、まるで背中を押すように他の楽器が盛り上げてくれます。

例えば、この流れるようなシンコペーションのフレーズ。

他の楽器とビシっと決まっていてカッコいいです。

linus&lucy3

 

 

こちらは、鍵盤を縦横無尽に駆けめぐるピアノソロが終わって、ベースのソロに入ったときのパターン。

簡単に見えて、上手く演奏するのがなかなか難しいフレーズです。

linus&lucy bass-solo

 

 

終盤、おなじみのルーディメンツ、6連符のフィルインが入ってエンディングを迎えます。

linus&lucy ending

 

まとめ

スヌーピーより、Linus & Lucy のドラムの耳コピをしました。

 

『Happy Anniversary, Charlie Brown』の曲はどれもオシャレでカッコいいので、恋人とのドライブデートに流すといい雰囲気になりますよ。

おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*