MuseScore ベースの楽譜を準備しよう

MuseScoreはピアノやドラムの楽譜だけでなく、他の管楽器やバンドスコア、TAB譜の作成もできます。

ここでは、MuseScoreでベースの楽譜とタブ譜の準備方法、そしてそれぞれの楽譜をリンクする方法を紹介します。

ベースの楽譜を準備する

ツールバーの『ファイル』から『新規作成』をクリックします。

『新しいスコアの作成』ダイアログが開くので、タイトルなど記入して次へ進みます。

新しいスコアの作成1

 

『楽器を選択してください』という真っ白なテンプレートを選択し、次へ進みます。

新しいスコアの作成2

 

左の撥弦(はつげん)楽器から、ベースを右のリストを追加します。

ベースの楽譜の準備

 

ベースは通常の五線譜と一緒に、TAB譜と呼ばれる譜表が表記されることがあります。

そうすることで、音程と同時にフレットの位置などが確認できるので便利なんです。

ついでなので、タブ譜も追加して、通常の五線譜とリンクさせましょう。

ベース譜に音符を入力すると、リンクしたタブ譜も同時に変更されるので、入力の手間を減らせます。

 

追加した譜表を選択し、『リンク譜表の追加』をクリックします。

ベースの楽譜の準備2

 

追加された譜表のタイプをTAB譜(完全)に変更します。

ベースの楽譜の準備3

 

『完了』を押して終了です。

ベースの楽譜の準備が整いました。

やったね!

ベースの楽譜の準備4

 

せっかくなので、次からスムーズに呼び出せるよう、テンプレートフォルダに保存しておきましょう。

テンプレフォルダはマイドキュメントのMuseScoreフォルダ。

またはプログラムフォルダのMuseScoreフォルダにあります。

まとめ

ベースの楽譜とタブ譜の準備方法と、各譜表をリンクする方法について紹介しました。

譜表をリンクする方法は非常に便利で、効率よく楽譜を作成できるようになります。

積極的に使っていきましょう。

次に読むべき記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*