MuseScore ベースの楽譜に必須!コード記号の入力方法

音楽はメロディ・リズム・ハーモニーの3つの要素で成り立っています。

コード(和音)はハーモニーの一種で、近代音楽ではほとんどの楽譜に記譜されています。

ベースは曲全体を支えるコードの基準音(ルート)に添って演奏されるので、コードの記譜は必須です。

この記事ではミューズスコアにおけるアルファベットのコードネーム、和音記号の入力方法をみていきましょう。

コードとは

3つ以上の音が重なった和音を表記するための記号です。

ベースは基本的に和音を奏でませんが、和音の基準ともいえるルート音を奏でることが多いので、ベースの楽譜には必ずコード記号が添えられています。

コード記号の入力

コードを追加したい音符を選択し、ツールバーの『追加』から『テキスト』を開き、『コード記号』をクリックします。

または『ctrl+K』を押します。

コード

 

パソコンのキーボードでコードネームを入力します。

シャープを入力する場合は『#』、フラットは『b』を入力します。

マイナーやセブンス、サスフォー記号はそれぞれ『m』、『7』、『sus4』と、そのまま入力すればOKです。

コード2

 

コードのフォントを変更する

コードのフォントは自由に変更できます。

ツールバーの『スタイル』から『テキスト』を開き、コード記号のスタイルを設定します。

変更後は『全要素に適用』をわすれずに押しましょう。

コード3

 

まとめ

コード記号を挿入する方法を紹介しました。

フォントを変更することでJazz風の手書きコード譜もつくれます。

興味があれば試してみてください。

次に読むべき記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *