MuseScore ハンマリングとプリング奏法の入力

引き続き、弦楽器特有の奏法についてみていきます。

 

この記事では、ハンマリングとプリングについて、ミューズスコアにおける記譜方法を紹介します。

ハンマリング奏法とは

弦をたたくようにフレットを押さえ、ピッキングせずに音を出すテクニックです。

ハンマー・オンとも言い、楽譜ではH、またはH.O.と表記されます。

 

それでは、下の画像をMuseScoreで記譜してみましょう。

hamm

ハンマリングの入力方法

『N』を押して音符入力モードにし、音符を入力します。

hammer1

 

 

一つ目と二つ目の音をスラーでつなぎます。

hammer2

 

 

パレットの『テキスト』から『譜表テキスト』をドラッグアンドドロップします。

『譜表テキスト』は『ctrl+t』でも追加することができるので、覚えておくといいでしょう。

hammer

 

 

このままでは一つ目と二つ目、どちらにハンマリング奏法を適用すればいいのか分からないので、ピッキングマークを入れておきます。

ピッキングマークはパレットの『アーティキュレーションと装飾』からドラッグ&ドロップします。

hammer2

 

プリング奏法とは

ピッキングせずに、弦を押さえている手を軽くひっかくように放して音を出すテクニックです。

プル・オフともいって、楽譜ではP、またはP.O.で表記します。

pull

プリングの入力方法

ハンマリングの記譜と同様、譜表テキストで入力します。

挑戦してみてください。

 

まとめ

ハンマリングとプリングの入力方法についてまとめました。

譜表テキスト機能を使って入力します。

譜表テキストは『ctrl+t』でショートカットできるので、有効活用しましょう。

次に読むべき記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*