MuseScore ギターのハーモニクス記号を入力する方法

この記事では、ミューズスコアにおけるハーモニクスの記譜方法を紹介します。

ヴァイオリンなど、他の楽器にも応用できるので覚えておくとお得ですよ。

ハーモニクスとは

通常とは異なる方法で奏でることで、特定の倍音を浮き立たせるテクニックです。

ギター以外ではフラジオレットと呼ばれています。

音色に倍音を多く含ませることで、心地いいサウンドを表現する演奏方法です。

 

ハーモニクスの入力方法

さっそく入力方法をみていきましょう。

今回はこのような楽譜を用意したので、これをハーモニクス記号に置き換えます。

harmonics

 

といっても簡単で、パレットの『符頭』からシェイプ・ノートをドラッグアンドドロップするだけです。

TAB譜の表記は諦めましょう。

harmonics5

 

ピッキング・ハーモニクスの入力方法

こちらも簡単に記譜できます。

パレットの『アーティキュレーションと装飾』から『○』をドラッグアンドドロップするだけです。

harmonics1

 

ストローク記号と重なってしまったのを修正しましょう。

『○』記号を選択し、インスペクタウインドウで垂直位置を調整します。

harmonics2

 

このようになりました。

harmonics3

まとめ

ミューズスコアにおけるハーモニクスの記譜方法をまとめました。

残念ながらタブ譜の表記には対応していませんでしたが、譜表テキストで注釈を入れるなどして対応しましょう。

ピッキング・ハーモニクスの記譜はフラジオレット、他の楽器のハーモニクス表記にも応用できます。

次に読むべき記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*