MuseScore スラッシュ符頭でギターの音符を省略する方法

ギターの楽譜では、同じ音符を連続して演奏する場合、2つ目以降の音符をスラッシュ符頭で置き換えて省略します。

こうすることで、楽譜全体をスッキリ整理し、みやすくすることができます。

 

この記事では、ミューズスコアでスラッシュ符頭を入力し、ギターの音符を省略する方法をみていきましょう。

スラッシュ符頭とは

ギター譜を見やすくするための省略記号です。

スラッシュをつかうことで、ギター譜の判読が簡単になります。

slash5

 

スラッシュ記号にする方法

それでは、MuseScoreで通常の音符をスラッシュ記号に切り替えてみましょう。

 

『N』キーを押して音符入力モードにし、音符を入力します。

slash2

和音、2つめ以降の音符を重ねて入力するには、『ctrl』を押しながらマウスで五線譜をクリック、または対応した音程のキーボードを押します。

 

入力したら、次の手順でスラッシュ記号に置き換えることができます。

  1. 置換したい音符を選択(『ctrl』を押しながら複数選択が可能)
  2. ツールバーの『編集』を開く
  3. 『ツール』を開く
  4. 『リズミックスラッシュ記号 切替』を選択

slash6

 

このようになりました。

slash7

 

符幹(棒)の向きを変えたいときは、音符を選択して『X』キーを押します。

slash3

うまくいきましたか?

 

『リズミックスラッシュ記号 切替』をショートカット登録する

スラッシュ記号はギター譜で頻繁につかうので、ショートカットキーを登録しておきましょう。

よりスムーズに楽譜の作成ができるようになります。

 

ツールバーの『編集』から『環境設定』を開きます。

slash8

 

『ショートカットキー』タブを開いて『リズミックスラッシュ記号 切替』を選択し、『定義』をクリックします。

slash9

 

キー入力を促されるので、適当な組み合わせを入れます。

ここでは『Shift+R』とでもしておきましょうか。

入力が完了したら『追加』を押して終了です。

設定したショートカットキーがうまく作動するか確認してみてください。

slash10

 

まとめ

『リズミックスラッシュ表記』機能を使い、ギターの音符を省略する方法をまとめました。

ショートカットキーに登録しておくと作業がはかどりますので、設定しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*