MuseScoreでスライド記号を入力する2つの方法

ベースは指で弦を弾いて演奏する楽器、いわゆる撥弦(はつげん)楽器の一種です。

この楽器独特の奏法として、スライドとグリッサンド奏法があります。

 

ここではMuseScoreにおける、スライド奏法の記述方法を紹介します。

スライド奏法とは

片手で弦を抑えた状態でピッキング、弦を弾きます。

弦を押さえたままフレットを移動させることで、音を滑らかにつなげるテクニックです。

スライド奏法の記譜その①

スライドは通常、次のように表記されます。

slide

 

 

MuseScoreでこれを記譜してみましょう。

『N』を押して音符入力モードに入り、次のように音符を入力します。

slide3

 

 

次に、この小節の最初の音と2つ目の音をスラー記号でつなぎます。

『N』を押して音符入力モードを解除し、最初の音符を選択して『S』を押します。

slide4

 

 

最後に、パレットから『譜表テキスト』を音符へドラッグアンドドロップします。

テキストと位置を編集して完了です。

slide5

 

 

スライド奏法の記譜その② 再生に反映させる方法

①の方法は分かりやすく、楽譜としては美しいですが、再生に反映されません。

MuseScoreでスライド奏法を再生に反映させるには、グリッサンド記号を使います。

 

パレットから『gliss.』をドラッグアンドドロップし、『テキスト』をSやsl.などに変更します。

再生してみると、音が滑らかに繋がっているのが分かります。

これはMIDIレベルで記録されているので、他のDAWソフトに読み込んで使用するにも便利です。

slide6

 

まとめ

MuseScoreでスライド記号を入力する方法を紹介しました。

再生に反映させるにはグリッサンド記号を使う必要があります。

特にこだわりが無ければ、グリッサンド記号を追加する方法が簡単なのでおすすめです。

次に読むべき記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *