MuseScore ダウンピッキングとアップピッキングの入力方法

ピックで上から下へ弦を弾くことをダウンピッキング。

下から上へ弾く奏法をアップピッキングといいます。

 

ここでは、ピッキング記号の入力方法を紹介します。

ダウンピッキングの入力

パレットの『アーティキュレーションと装飾』から、下げ弓記号をドラッグ&ドロップします。

ダウンピッキング

 

<豆知識!>

ヴァイオリンなどの弦楽器はピックの代わりにボウ(弓)を使います。

エレキベースのピッキングにあたる奏法を、これらの弦楽器ではボウイングと呼びます。

ベースのピッキング記号は、もとは弦楽器のアップボウ、ダウンボウからきているのです。

 

アップピッキングの入力

同じくパレットの『アーティキュレーションと装飾』から、上げ弓記号をドラッグ&ドロップします。

アップピッキング

 

複数の音符へ一度に上げ・下げ弓記号を追加する方法

全ての音符に、いちいちドラッグアンドドロップするのは大変なので、一度に入力する方法を紹介しましょう。

『ctrl』キーを押しながら、記号を追加したい音符を複数選択します。

その後、パレットの記号をダブルクリックすることで、選択した全ての音符に記号が追加できます。

複数の音符へ一度に

 

複数の音符へ一度に2

 

まとめ

ダウンピッキングとアップピッキングの入力方法を紹介しました。

複数の音符へ装飾記号を追加する方法は、ここ以外でも使える上等手段なので、ぜひ使ってみてください。

次に読むべき記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *