MuseScore ビブラート・プラル・モルデントの入力方法

引き続き、ベース譜を例に、弦楽器特有の奏法についてみていきます。

この記事ではビブラートとプラル、モルデントについて、ミューズスコアにおける記譜方法を紹介します。

ビブラートとは

弦を弾いたあと、弦を押さえている指を軽く上下させる動作を繰り返すことで、音を揺らすテクニックです。

楽譜では下の画像のように波線で表記されます。

vibrato

 

 

ビブラートの入力方法

それではMuseScoreでビブラートを入力してみましょう。

まず『N』を押して音符入力モードに入り、音符を入力します。

vi

 

 

次にパレットの『線』から、『複数回モルデント線』を音符へドラッグアンドドロップします。

vibrato

 

 

ヴィブラート線が音符の真上に来ていますね。

少し見づらいので直しましょう。

 

ビブラート線をダブルクリックし、微調整します。

vibrato2

 

 

これで完成です。やったね!

vibrato

 

 

プラルとモルデントについて

ビブラートの短いバージョンのような奏法です。

  • プラル : 表記音→1つ上の音→表記音の順番ですばやく演奏する
  • モルデント : 表記音→1つ下の音→表記音の順番ですばやく演奏する

pral

 

プラルとモルデントの入力方法

パレットの『アーティキュレーションと装飾』からドラッグアンドドロップします。

vibrato3

 

 

まとめ

ビブラートとプラル、そしてモルデント奏法の入力方法をまとめました。

再生にも反映されているので、確認してみてください。

次に読むべき記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *