MuseScore2 シャッフルの表記を組み込む唯一の方法

MuseScoreでシャッフルやスウィングの楽譜を作るとき。

どうしても腑に落ちない点がありました。

お約束のこのマーク。

shuffle表記

これをどうやって追加すればいいのか、ずっと悩んでいたんです。

その悩みが、遂に解決しました!

この記事では、その解決方法をご紹介します。

続きを読む

リハーサルマークやテキストが音符と重なって見難いのを直す方法

「リハーサルマークを付けたいけど、音符が細かくて追加するスペースがない!」

「ダルセーニョを追加したんだけど、音符と重なって見にくい!」

 

MuseScoreでの楽譜作成で、そのような問題にぶつかったことはありませんか?

楽譜の見た目を整える

この記事では、マークまたはテキストを綺麗に配置する方法を紹介します。

続きを読む

楽譜が読めないあなたに送る!ひたすらドラムの読譜練習をする記事

楽譜が読めるようになる方法は、たった一つです。

楽譜を見て、聴いて、実際に演奏すること。

楽器がないなら、声を出したり、手で太ももを叩いてみるのでも構いません。

とにかく、その過程をバビューンとすっとばして、いきなり読めるようにはなりません。

 

この記事では楽譜と音声をまじえて、ドラム初心者が8ビートを理解するための基礎練習を紹介します。

あなたがドラムの楽譜を読みたい、作りたいと考えているなら、きっと参考になるでしょう。

続きを読む

ドラムの音符入力時間を34.6%削減!MIDIパッドのすすめ

「面倒くさい」

MuseScoreやFL StudioなどのDAWで、音符入力をするのは大変です。

マウスで1音ずつ、色々な場所をクリックする必要があり、時間と手間がかかります。

この記事は、そんな悩みを1発で解決してくれる、MIDIパッドコントローラーを紹介します。

続きを読む

MuseScore2 基本的な音符を入力する3つの方法

MuseScoreでの音符入力はMIDIキーボードを使うことで効率よく行えます。

しかし、仮にMIDIキーボードが無い場合でも、3つの方法で音符の入力が行えます。

  • パソコンのキーボードで入力する
  • マウスで五線譜をクリックする
  • 仮想ピアノキーボードを使用する

ここでは、パソコンのキーボードとマウスを使って、基本的な音符の入力方法について紹介します。

 

続きを読む