MuseScore2 楽譜をPDF・MIDIファイルで出力する

楽譜ができたら次に何をしますか?

私は印刷することが多いですね。

MuseScoreは印刷以外にも様々な形式の電子データとして出力・保存ができます。

PDFファイル(.pdf)で保存すれば、どのデバイスでも開けますし。

MIDIデータ(.mid)なら他のDAWソフトでも編集ができて便利です。

この記事ではエクスポート機能について簡単にまとめます。

エクスポート(出力)する

  1. ツールバーの『ファイル』から『エクスポート』を選択します。
  2. ダイアログが開くので、『ファイルの種類』からデータ形式を選んで保存します。

export

export

 

PDFファイルを出力する目的

MuseScoreを導入していないデバイスでは、専用のファイル形式であるMuseScoreファイル(.mscz)は開けません。

なんてこった。

一方、PDFリーダーはほとんどの端末にインストールされています。

なので、音楽仲間と楽譜のやり取りをするときや、出先でスコアを参照したいときに便利なのです。

 

MIDIデータで保存する目的

どの音をどういうタイミングで、どれくらいの強さで鳴らすのか。

そういったデータを格納しているのがMIDIデータです。

FL studioやCubaseなどのDAWと互換性があります。

 

DAWで編集してかっこいい音源に仕上げたい。

でも楽譜にして演奏も楽しみたい。

そんな自由な使い方ができます。

パート譜の出力

複数の楽器で構成される楽譜から、楽器ごと(パートごと)にスコアをエクスポートすることもできます。

part export

まとめ

一昔前はPDF出力するのに別のソフトが必要でした。

今ではOfficeにしろミューズスコアにしろ、簡単にPDFファイルを保存できるようになりましたね。

ミューズスコアはFLACやMP3などいくつかの形式に対応していますが、中でもPDFとMIDI出力は頻繁に使うことになると思います。

mp3のファイル出力については下の記事をご覧ください。

MP3形式で保存するための具体的な手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*