楽譜が読めないあなたに送る!ひたすらドラムの読譜練習をする記事

楽譜が読めるようになる方法は、たった一つです。

楽譜を見て、聴いて、実際に演奏すること。

楽器がないなら、声を出したり、手で太ももを叩いてみるのでも構いません。

とにかく、その過程をバビューンとすっとばして、いきなり読めるようにはなりません。

 

この記事では楽譜と音声をまじえて、ドラム初心者が8ビートを理解するための基礎練習を紹介します。

あなたがドラムの楽譜を読みたい、作りたいと考えているなら、きっと参考になるでしょう。

まずはこれ!超簡単な8ビート

ドラム初心者が最初に覚えるリズムビート。

典型的な8ビートです。

8ビート超基本

  • H.H. … ハイハット
  • S.D. … スネアドラム
  • B.D. … バスドラム

 

ドツパツ ドツパツ ドツパツ ドツパツ…です。

このリズムが理解できれば、微妙にパターンが変わっても対応できます。

 

音声はSoundCloudの埋め込みです。

読み込めない場合は『F5』で更新してみてください。

 

8ビートのパターンを少し変えました

バスドラムのタイミングを微妙に変えたパターンです。

8ビート超基本2
8ビート超基本3
8ビート超基本5
8ビート超基本6

少し複雑な8ビート

アクセント記号やオープンハイハットなどを含んだ、少し複雑な8ビートの基礎練習です。

パターン①…シェイクビート

2拍目と3拍目の絶妙なタイミングにスネアが割り込んできます。

まるでバーテンダーが「しゃかしゃか」やっているように聞こえるリズムです。

8ビート超基本7

パターン②…シンコペーション

オープンハイハットが4拍目の裏に入ることで、変わったリズム感を生み出します。

8ビート超基本8

パターン③…シェイク+シンコペーション

シェイクビートとシンコペーションが合体したような複雑なリズムです。

一見難しそうに見えますが、シェイクビートとシンコペーションを修得したあなたなら余裕で理解できるでしょう。

8ビート超基本9

まとめ

さて、ここまで読んで、あなたの読譜センスはかなり上達したはずです。

この記事では5つの基礎練習をまとめました。

  • 基本となる8ビートのリズム
  • バスドラムのパターンを変えた8ビート
  • シェイクビート
  • シンコペーション
  • なんか合体したやつ

音楽もスポーツや勉強と同じ、繰り返し練習してできるようになります。

楽譜を見ながら何度でも聴いてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*