MuseScore ギターのハーモニクス記号を入力する方法

この記事では、ミューズスコアにおけるハーモニクスの記譜方法を紹介します。

ヴァイオリンなど、他の楽器にも応用できるので覚えておくとお得ですよ。

ハーモニクスとは

通常とは異なる方法で奏でることで、特定の倍音を浮き立たせるテクニックです。

ギター以外ではフラジオレットと呼ばれています。

音色に倍音を多く含ませることで、心地いいサウンドを表現する演奏方法です。

 

ハーモニクスの入力方法

さっそく入力方法をみていきましょう。

今回はこのような楽譜を用意したので、これをハーモニクス記号に置き換えます。

harmonics

 

といっても簡単で、パレットの『符頭』からシェイプ・ノートをドラッグアンドドロップするだけです。

TAB譜の表記は諦めましょう。

harmonics5

 

ピッキング・ハーモニクスの入力方法

こちらも簡単に記譜できます。

パレットの『アーティキュレーションと装飾』から『○』をドラッグアンドドロップするだけです。

harmonics1

 

ストローク記号と重なってしまったのを修正しましょう。

『○』記号を選択し、インスペクタウインドウで垂直位置を調整します。

harmonics2

 

このようになりました。

harmonics3

まとめ

ミューズスコアにおけるハーモニクスの記譜方法をまとめました。

残念ながらタブ譜の表記には対応していませんでしたが、譜表テキストで注釈を入れるなどして対応しましょう。

ピッキング・ハーモニクスの記譜はフラジオレット、他の楽器のハーモニクス表記にも応用できます。

次に読むべき記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 愛宕町私設ライブラリ より:

    こんにちわ。こちらの記事を作譜の参考にさせて頂いてます。

    ところで用意された譜ですが、シとソがそれぞれ12フレットと表記されています。
    通常はこの音高だと0フレット(つまり開放絃)になってしまうと思うのですが、
    どういうやり方だとこんな風にできるのですか?
    ハーモニックスの表記としてはたいへん有効だと思います、宜しくお願いします。

    最近、自分のブログに muse score で作った譜を載せています。御笑覧下さい。

    https://blog.goo.ne.jp/halcyon1772

    1. hoda より:

      これは。。!ご指摘の通りですね。修正いたします。
      情報ありがとうございます。

      また、記事を参考にしていただいているとのこと、とても嬉しいです^^
      ありがとうございます!

      1. 愛宕町私設ライブラリ より:

        いやいや、訂正はされなくてよろしいのですよ、
        譜例の様にTAB譜に任意のフレット数を入力するのが可能なら、方法を教えて下さい。
        何しろギターソロの曲には、フラジオ指定が沢山あるものですから。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください