MuseScore2 これで合奏もしやすくなる。練習番号の入れ方

練習番号、別名リハーサルマーク。

市販のスコアには、曲のフレーズや節目などに『A』や『B2』などの英数字で印がつけられています。

このマークは他の演奏者と練習するときに非常に便利です。

「さっきのフレーズ上手く合わなかったね」

「じゃあCからもう一度やってみよーか」

という具合に、小節番号を数える必要がないので、効率よく練習が進みます。

この記事ではそんな便利なリハーサルマークの挿入方法についてまとめます。

リハーサルマークの挿入方法

パレットから追加する方法

パレットの『テキスト』を開き、2015y08m13d_211247472このアイコンを、譜表の先頭の音符へドラッグ・アンド・ドロップします。

ドラッグ・アンド・ドロップってな~に?という方はこちら

この方法で挿入したマークは、自動的に連番となります。

つまり、『A』のマークを挿入後、次にマークを挿入すると自動で『B』のマークになってくれます。

2015y08m13d_211450918

ショートカットキーで追加する方法

マークを挿入したい譜表の音符を選択し、『Ctrl+M』を押します。

この方法では自分でテキストを入力する必要があります。

自動で連番を振ってくれません。(´・ω・`)

リハーサルマークの編集

リハーサルマークはダブルクリックすれば編集が可能です。

2015y08m13d_212948293

まとめ

パレットの『テキスト』を開き、2015y08m13d_211247472このアイコンをドラッグ・アンド・ドロップです。

リハーサルマークは目立ちますので、楽譜が読みやすくなります。

自分しか読まないような楽譜であっても、入れておくのがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. みやざわ より:

    リハーサルマークが大きすぎて困っています。
    以前はプロパティか何かで大きさを設定すれば、全てのリハーサルマークの大きさを一度に(一括で)変えることが出来ました。
    ところが今はプロパティでフォントの大きさを小さくしても何も変わりません。
    一括どころか、リハーサルマークを一つだけ選択して設定しても変わらないのでお手上げです。

    リハーサルマークの大きさを変える方法、ご存じでしたら教えてほしいのですが。
    よろしくお願いします。

    1. hoda より:

      みやざわさん。はじめまして。コメントありがとうございます。
      とりいそぎ、変更方法をまとめますね。

      <全部のリハーサルマークを一括変更>
      1. ツールバーの「スタイル」→「テキスト」
      2. 「テキストスタイルの編集」というダイアログが開くので、リストの中から「リハーサルマーク」を選択
      3. サイズの項目を変更

      <1つだけ選択して設定>
      1. 対象のリハーサルマークを右クリック
      2. 「テキストのプロパティ」をクリック
      3. サイズの項目を変更

      これでうまくいくと思いますが、問題などありましたらご連絡ください。

      1. みやざわ より:

        ご教授頂き、ありがとうございます。
        ツールバーの「スタイル」から開く方法で一括変換できました。
        以前のバージョンは一つ選んだところからも「全て変換」といった項目をチェックすることで一括変換できたと思います。というよりそういう方法しか知りませんでした。
        今のバージョンは一括変換も個別変換も見た目の区別が付かず紛らわしいですね。
        とここに書いても意味ないのかも知れませんが。
        ともかく助かりました。
        ありがとうございました。

コメントを残す

*